FC2ブログ
  • 2021.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2021.09

≫ EDIT

ちりとて余波

結末が物議を醸しまくっているちりとてちん。
その発端の第150話からかれこれ1週間か…。

前のエントリはまだもやもや~んとしたままとりあえず書いてみたという感じだったのだけど、何日か過ぎいろいろと見えてきたこと、書き足りなかったこととかも出てきたのであらためて。



あの結末が不満な人には、
1) 落語を辞めてしまうということに対して納得がいかない。
2) そういう選択もありだろう。が、あの辞め方はいただけない。
の2パターンがあり、自分は(2)だった。
しかし、その所業に疑問を感じるうちに(1)の思いも強くなってきた。

人の世話ばかり焼いて自分のことは後回し、そんなお母ちゃんの脇役的生き方を全否定して飛び出した主人公が紆余曲折の末その素晴らしさを実感。そしてそんな風に生きたいと思う…物語の主軸は母と子の物語ということなのだろう。となると、「なりたいものが見つかった」「お母ちゃんみたいになりたい」という結論にたどり着くまでの間を極論すれば『モラトリアム状態』ということになってしまう。

ところが、その『猶予期間』において一度は落語家を志し修行の日々を送っており。不器用ですぐ物事を悪いほうに考えてしまう喜代美をなだめすかしてなんとか一人前にしようと周囲の人々は尽力してきた。実際ちょっと甘すぎるんでないかい? ってくらいに。入門から10年と少し。ゆっくりと、でも着実にカタチになりつつあったところでの「辞めます」宣言。そりゃ、なんじゃそりゃ!? ってなる罠。



思えばこのドラマ、以前から冷静に考えれば「はて?」と首を傾げたくなるところも多々あったのだけど、それをも凌駕するパワーで最後には力技で納得させられてしまう感じはあった。その強引さが心地よくもあった。それが今回は裏目に出たというか不発だったというか。

以前木曽山くんに「落語は一人でやるものではない、みんなに支えられてやるもの」と力説しながら、当の本人はみんなのことなど考え及びもせず、誰にも相談なしで唐突に高座で引退宣言。お客さん、関係者大混乱。挙句、「ほやかて…見つけてしまったんですもん。自分のなりたいもん」と妙にすっきり顔。

んんんー、これじゃあまりに配慮がなさ過ぎる。
潔い決断というより独善的という印象になってしまった。
過去の放言をお母ちゃんに謝る前に、今やらかしたことについて釈明せんか!
しかもそのやりたいこととは、自分が表舞台に立つことではなくサポートする側に回りたいと。今までさんざんサポートしてきた人に対してなんのフォローもなくそんな調子のいい話があるかいな。

言うたら大どんでん返しだもんなあ。相当な力量や細心の注意が必要だ。しかもその上には10月から半年間、150話に渡り積み重ねたものがある。跳び箱や達磨落としも同じ、力任せに「エイヤッ!」で乗り切ってきても段が増えれば難易度は上がる。より正確に確実にポイントをクリアしないと良い結果は出ない。ドラマも大技で方向転換を狙ったものの、勢い任せで雑にやってしまい、積み上げてきたものがドンガラガッシャーン! と崩れてしまった感。ああ、つくづくもったいない…。



「お母ちゃんみたいになりたくない」→「お母ちゃんみたいになりたい」と印象的な台詞が対になっていることからも、この結末はテコ入れとか路線変更とかいったものではなく当初のプロット通りなんだろう。「お母ちゃんみたいになりたい」と言う台詞を言わせたかったんだろうな。だったら、だからこそ、その台詞に至るまでをもっと丁寧に描写して欲しかったと思う。

陰日向となり皆を支えるお母ちゃんの生き方は素晴らしい。けど、その生き方を肯定することと、自分もその道を進むということはまた別の話。なりたいからってなれるものでもなし。実際今喜代美は『徒然亭若狭』として男社会の伝統の世界で数少ない女流としてやっている。そんな自分があるのは個人で努力することももちろんだが、お母ちゃんのように支えてくれる人々あってこそ。となれば、そんな人々に感謝しつつ自分の責務をまっとうするってほうが自然な流れに見える。なにも母と同じことをしなくてもね。

それでももしお母ちゃんのようになりたいと思うならば、それ相応の辞め方っていうものがあるやなあ。やっぱりあれはないわ。例えば…高座でいきなり発表ではなく、まずは引退を考えていると一門に相談(ここで今までの感謝と辞めるということの謝罪)→「何言ってんねん!」草々激怒→説得のために小浜から糸子やってくる→「お母ちゃんみたいになりたい」…てのは? インパクトは弱いかもしれないけどよっぽど筋は通っている。改めて『徒然亭若狭サヨナラ公演』開催ならお客さんもご贔屓さんも関係者も、惜しみながらもそれなりの覚悟で見送れるだろうし。



今更言うても詮無いこと。けど、言わずにはおれん。その渦中では終わりが名残惜しかったというのに、いざ終わったら『まつりのあと』の寂しさや虚脱感というより、やっちまったな…という『あとのまつり』感に苛まれるという…皮肉だ。この感覚、前にもあったな…と思ったら、朝ドラ「ファイト」だ。あれもラストでずっこけたんだよな…。朝ドラの伝統か?

でも、第25週までは本当に楽しんだ。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い状態にはなりたくないんでね。
今は熱くなってるけど、時がたてば冷静に見られるでしょう(期待)。

| TV | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちりとて瞳

先週にて終了、「ちりとてちん」。
半年の間とっても楽しんだ。堪能した。

んだけんども。

ラス前の金曜日はどーーーーもしっくりこなんだ。



長らく喜代美のトラウマとなっていた舞台の上でスポットライトを浴びる主役とそれに光を当てる照明係という対比。単純な二者択一ではなく、太陽のようなお母ちゃんみたいに自ら光り輝きながら周りの人々を照らし出すというハイブリット型という道…「お母ちゃんみたいになりたない!」から「お母ちゃんみたいになりたい!」への転換は劇的だしまったく文句はないんだが。

それと落語辞めるのは別の話しじゃね?
廃業なのか、しばらく休業~子供の手がかからなくなるころに復帰ってのか
そのへんはぼかしてあるような気もするし、それはまあどっちでもいいや。

誰にも相談なしに一人で勝手に決めて高座でいきなり発表て!!!

ずいぶん勝手だなー。一門面目丸つぶれじゃなかろうか。
理屈ではなく感覚的に解せない。ぶっちゃけ生理的に受け付けなかった。
ドラマ的インパクトを狙って「キャンディーズ」がやりたかったんだろうけど、
せめて兄弟子たち一門内々には了承済みでも問題ないように思う。

まードラマだし、と大概のことは許容範囲なんだけど、これほど微妙な感じは
初高座で大失敗→「お母ちゃんのせいや!」と子供みたいに八つ当たり、
以来2度目。それが最後の最後にくるとはorz
いや、その頃はまだ19の小娘だったし、とばっちりは身内だったけど、
もうキャリア10年超の、しかも人の親になろうという人のやることにしちゃあ、ねえ。



あ、翌日土曜日の「ドラマは今日で終わりだけど、この人らの人生はまだまだ続くよ(・∀・)!」
という終わり方はOKOK!
それだけに、んーーーーすっきり終われない…のが、惜しいような悔しいような。


-----


そして、今日から始まった「瞳」でございます。

ヒップホップダンスと里親制度というテーマに全くもって興味がそそられず、どうしたもんかと思っていたが、キャスティングは絶妙だ。それだけで楽しみになってきた(単純)。

その最たるのがヤスケン。
あ・かるい役だなー安田さん。33歳にあんなこと言われた20歳、ドン引きだろw
事前情報なんにも知らないのだけど、これもしかしてヒロインの相手役なのか? うわ~。


-----


え? ちりとてちんスピンオフ決定!? まぢですか…。
あああ、なんだろう? ぜんぜん盛り上がらない自分に戸惑っている…。

草々除く徒然三兄弟の話…腐女子ホイホイか!
とは思ったけど、自分だって腐の資質は無きにしも非ずだしな。

鉄は熱いうちに打て!なんだろうが、いくらなんでも発表早すぎ。
そんなん作るんだったら本編もっとすっきり気分よく終わらせて欲しかったと思ってしまう。
うーーーん、こんなにうじうじしている自分が冬の水溜りのようだ…。

| TV | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うっかり

うは!
えいちでーでーの容量がいっぱいで、ちりとて水曜までしか録画できてなかった!!
ガーン!!!

気がついたのはBS2のまとめ放送が終わった午後になってから。
これで風林火山に続くフルコンプの野望は断たれた…。

残2時間残ってるから今週は大丈夫なつもりでいたけど、
テロップ攻撃とか吹雪によるBS受信不可が怖くて、
保険のため朝のBSと夜のBSダブルで予約してたんだった。
15分×6=1時間半、15分×2×6=3時間、それじゃ足りないよ…。

連日寝る前にその日の録画分を見るほどドハマりだったものの、
師匠没後はちょっぴり気が抜け、火曜以降は見てなかったんだよな…。
見ていれば気づいたかも…や、それはどうかな。大丈夫だと思い込んでたし。

完全版DVD発売決定の翌日にやらかした(気がついた)ってことは、
こりゃBOX買えということなのか?
イカ串貯金でも始めるか…。

| TV | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒いので引きこもり

またも土曜日の真っ昼間から2時間ドラマを見てしまう。
あ、小草若&四草の土曜スタパは裏録してました。



先々週といい、土ワイに比べて水ミス枠は暗くて重い話が多いのだろうか? 特別企画だから?

前半は片平犯人視点、後半は古谷刑事視点。
なんとも切ない話だな。
でも、養鰻池が五万とあるならなにも真島をやった池に共犯の向井を沈めんでも…と思った。ま、それを突っ込むのは野暮というものか。

朝、ふるさと熱唱@ちりとてで泣かされた(「五木でした…」で泣き笑い)マッチゲお父ちゃんがどうしようもなくわーるい役。で、片平なぎさの役名が『きよみ』って…。いやん。

| TV | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テレビネタ

昨日午後のサスペンスをぼーっと見ておりました。通常の2時間サスペンスのB級テイスツもそれはそれでありだけど、これはハードボイルドタッチで「相棒」好きなわたしは徐々に真面目に見だしまして。

劇中「これが容疑者だ」と差し出された写真に「お?」。なんとなーくちりとて草々にいさんに似てたような…。警察マニアの偽白バイ警官。上川隆也&甲本雅裕演じる刑事がアジトを突き止め乗り込んだ先に、いたーーーー!!! ヴァイオレンス、こええええ!! 大門サングラスで微妙に七三わけ。もっと年配の役者さんだったか…と思ったところ、グラサン外れて…。

でたーーー! やっぱり青木ムネムネ!!
だが、眉毛がうす、否、ねーよ! 怖いよ!!!

お前は偽者「顔無し」だ! となじられ逆上、形勢逆転、御用。
見事なへたれっぷりでした。
そういやどことなく「カオナシ」に似てたかも…。

事件自体は本筋とは直接関連なかったけど、このことから主人公がヒントを得て事件が解決に向かう。生きていくうえで誰もが多かれ少なかれ異なった顔を使い分ける。どれが本当の顔かなんて分からない。どれもが真実であり偽りであり…。後半ちょっとくどさも感じたものの硬質でいいドラマだったな。主演上川さんは実直な中にも鋭さがあるこういった役が一番はまる。そして甲本さんはどんな役でもこなすなぁ。ちなみに刑事役で天狗芸能社長ゴリさんもご出演でした。





そんなことがあった晩、ネット見とりましたら。


ちょ!?
兄さんなにやっとりますのん!!!!!
まるで花くまゆうさくのまんがに出てくるひとのようだw
昼の犯人役と同じ人とは思えん!

思わずフジ721舞台挨拶生中継の再放送予約しましたよ&さわりだけ見ましたよ。
はじけとりましたな~。おいしいなー、あおきくん。草々とも偽白バイとも違う、佐藤隆太系譜のアフロへたれお調子者キャラ。もしかしたら一番素に近いのかもね。つくづく7日のスタパ見逃したのが悔やまれる。

「海猿」にはまったくもって興味がわかなかったけど、この映画は面白そうだな。オトナになり損ねたやつらが集まってよってたかってわちゃわちゃ阿呆やってるお話好き好き。でも、萌えるのはカモカのおっちゃん國村さんw



ほいでもって。
この日記書こうと思って前出オリコンサイトを見てましたら、こんな記事もありましたよ。


回想シーン、うはwww
松重さんブログのなぞのリーゼント写真はこれか!!!

他のサイトも。
回想シーンは松重豊(44)演じる夫との結婚までを描くもので、全体としては感動的だが、初々しい和久井のほか、松重がリーゼントのカツラ、夫の弟役の京本政樹(48)にいたっては17歳の設定で学生服姿。この日の試写会でその瞬間、報道陣からどよめきと笑いが漏れたほどの衝撃的シーンだ。

ハタチのお母ちゃんは全然問題なさそうだけど、
お父ちゃんのリーゼント……。
小次郎おじちゃんのガクラン……。

これは、木更津の公助「あの鐘」熱唱並みのおもろいのに切ない、切ないのにおもろい、笑い泣き場面になるの…やも?

| TV | Permalink | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我慢しきれず

ちりとてちん 上 (1) (NHK連続テレビ小説)

本日「ちりとてちん」ノベライズ本を購入。当初はノベライズ収録分の放送が済んでから読もうと思っていたのだけど、うっかり先のあらすじを知ってしまったため、まーいっか! と思い切って買っちゃった次第。

で、先ほど今週分第9章から第11章、終わりまで読み終えた。

以下、一応畳んでおきます…。

≫ Read More

| TV | Permalink | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日はテレビっ子

毎朝楽しみに観ている「ちりとてちん」。
本日は仕事休みの土曜日、平日にいつも観ているBS2での放送時間に起きられず、1週間分まとめ放送で今週分を一気に観たのだけど。

ちょっと、ちょっと!
なによ、なにこれ!!
いやー驚いた。

ありえないくらいに泣いた……。

今は落ちぶれてしまったかつての名門噺家一門の再生と復活……。
これ単独で映画でもいいくらいじゃないか!!!
尋常じゃなくぐぐっと引き込まれるこの感覚。すげー、すげーよ!
いや、びっくりこいた。

この求心力が片手間に気軽に見るものとされている朝ドラ向きかといえばどうなんだろうとも思うが、いや、でも、そんなの関係ねぇー!

いや、いい最終回だった。
という感じたけど、ヒロインが噺家への道を歩み始める来週からがいよいよ本番。いわば今週までは落語で言う枕みたいなもので、物語はこれから転がり始めるんだよなあ。はあああ、こりゃ楽しみだぞ。


----------


午後からは日曜出かけてて観ていなかった「風林火山」の再放送を観た。

なんといっても「武者震いがいたしまする」。
実況スレのログ見て知っていたけれど、この台詞が出てきたときは心の中で

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

状態。
製作スタッフ、やりおるwww

でも、武者震い殿は馬鹿なのか?
座り位置からして今川家ではかなりの重鎮なんだろうに、いくら昔馴染みの勘助だからって内情をぺらぺらと…。気がいいヤツなんだろうが…。てかそれを利用する勘助、容赦なし。

それを言えば、寅王丸をけしかける越後の策に乗ってしまう寿桂尼だって容赦ないんだけど。それが戦国時代なんね。この時代、見る分には面白いけど、ぜってー生きたくはないよなあ。ましてや一般庶民農民なんて…。

余談:そういや武者震い瀬川亮と駒井高橋一生はトランスで共演してたな。
高橋一生といえば今週の医龍2での外山は神演技。凄い。上手い。


----------


そんなこんなで東スポ杯2歳の予想UPし忘れた。
あわてて買うだけ買ったけど、3着スマイルジャック流しで2着は買っていたものの1着抜け…。
JRA-VANの鉄人予想も投票し損ね。まーもう上位入賞は無理だけどねー。

| TV | Permalink | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりとめもなくつらつつつ

■涙そうそうに
中村達也出てたのか!!! びっくり。トヨエツの見間違えかと思ったよ。

■隠し砦の三悪人がリメイクだそうな
ttp://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071029-OHT1T00049.htm
黒澤作品リメイクが続くなぁ。ん、脚色は中嶋さん?! これは気になるぞ! なんたって黒澤映画は新感線活劇のベースですから。とか言って、まともに黒澤映画観たことないわたし。「七人の侍」「蜘蛛巣城」「隠し砦の三悪人」、この3作品は特にいつか観たいと思っているのだけどね。

■でもって次の新感線、いのうえ歌舞伎☆號 「IZO」
残すは一般発売のみとなりまして。11月3日10時発売…。当初この時間は高速バス乗車中な予定でしたが、まさかバスの中から電話をピポパ、リダイヤルリダイヤル…という訳にはいきますまいて。ということで、深夜バス早朝着、なんならぴあに並んでしまえ! と思っていたのですが。なんかだんだん同時期の「ロックンロールお年玉」のほうが気になりだしてきた。川崎・鶴見特集の散歩の達人とか買っちゃったし。IZOチケット高いしなー。んんー悩む。

■風林火山公式が「武田信玄」になってた
ttp://www3.nhk.or.jp/taiga/
赤く萌えて…否、燃えているぞ!

■ちりとてちんのお父ちゃん、松重さんがブログ始めてた
ttp://mattige.cocolog-nifty.com/blog/
ココログだ。いつかココセレブにも載るのでしょうか?
そういや以前「女刑事みずき」に騒音寺が出たとき、騒音寺ブログに松重さんご本人がコメントしてたよなぁ。あ、あった。
ttp://ong.seesaa.net/article/42107777.html
律儀な方だ。そして「DNAにサンハウス」素敵すぎる! わたしこのドラマ、肝心の騒音寺登場シーンは皿洗いしてて見逃したのよね。再放送待つ!

■ヤンフラ限定T
胸のナンバーと背番号が一致しないのに納得行かぬ。いや、意味はわかるよ、わかるけど…。なんて言ってますが、前回の限定T買わなかったし今回は買いますよ。明日ジャパンポストJPへGOですよ。願わくは画伯のイラストはごくうっすらで…。なんならブラックライトで浮かび上がるとか、汗かいたら浮かび上がるとか、あぶりだしとか…。

■カカカカカンパニー!!!
絶対来ないと思ったのに…KCLでもめずらしーく(多分2回目か3回目くらい)「99%来ない」で投票したのに…。2番と3番がよれたとかいろいろあって後味よくないけど、不利はまあ仕方ないっちゃ仕方ないし…秋天でこれが一番ショック。ああorz
カンパニーにはG3あたりでフラワーなんたら or なんたらフラワーという馬とで「ふふふ、フラワーカンパニー(ズ)馬券」ってのが夢だったのに!!!(←馬鹿)え? あ? 2着のアグネスアーク→河内洋厩舎→カワチと言えばニシノフラワー…ワイドきたじゃないか!!!(←阿呆)うん、でもサムソン強いね。



いや~本当にとりとめないですね。

| 未分類 | Permalink | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちりとてちん で検索したら

“珍”コラボ実現!NHK「ちりとてちん」に「競馬エイト」が登場

検索結果の最初の項目に上記ニュースが。
こんなこと(失礼)がニュースになるのかー。

NHK朝ドラで一般紙が登場することは多いが、競馬専門紙は珍しいという。

とあるけど、NHKだと特定企業名や商品名出せないから、
「毎朝新聞」とか「競馬ナイン」とか微妙にもじるんじゃ?
あ、紙面が映像に出るってことかしらん?

平成7年というと…
ライスシャワーとかヒシアマゾンとかその辺か。
時期的には有馬記念?
かと思ったら、勝ったのはトップガン…
ヤネがアレなんでアレじゃないのでしょーか(苦笑)

しかし、なぜにエイト。
関西圏ならブックとかニホンとかキンキの方が一般的なんじゃ?



さて、ちりとてちん。

第一話の冒頭。
和久井母のテンションの高さに「朝っぱらからうざー」と思いどうなることかと思いきや、なかなかどうしてもう慣れたw

会話もいちいちボケ突っ込みだったりで掛け合いおもろ。
テンポもいいし、何より出てくる登場人物が皆、生き生きしていていいね。毎朝の楽しみができたよ!

| TV | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |