2005年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年06月

≫ EDIT

何!?何かのイベント!!??

050529.jpg

昨日新潟までR8を北上中。

見附あたりで前方に数十台のハーレー軍団が進入してきた。

うわ~凄い迫力!なにごと?と思いつつ信号待ちで止まったら、なんと群馬ナンバーの白バイ軍団!群馬から?わざわざ?

演歌調の謎のメロディーを流しつつ道路を流すその姿は圧巻。。。

どこに向かうのか気になったけど、先を急いでいたので三条の片側2車線になったところで追い抜いてしまった。3つ前のオープンカーのようなものは、半分サイズのサイドカーですた。

白バイフェスでもあったのかなぁ?

| つれづれ | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

馬に乗る猫

050526_01.jpg

各地のお土産として人気のご当地キティーちゃんグッズ。滋賀県限定はかぶりものシリーズ/琵琶湖のナマズをかぶったキティしか見たことなかったけど、昨年秋に栗東市のJRAトレーニングセンターにちなんだバージョンを発見! 2004年からJRAのキャラクター『ターフィー君』がサンリオ仕様になったからか?

050526_02.jpg

050526_03.jpg

旧ターフィーのほうがうすらリアルキモくて好みだし、サンリオも興味なしだったけど、思わずファスナーマスコットを衝動買い。コソーリ鞄の中に付けて半年ちょい。気がつきゃすれて右目が青タン状態…。あらら~落馬したみたいでキノドク。

今週末は東京優駿。

無敗のダービー馬が誕生なるか?! そして秋には三冠か?

| つれづれ | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイガー&ドラゴン #5厩火事と#6明烏

相当な宮藤官九郎ヲタだと思われているわたくしですが、実は連続ドラマでまともに観ているのはこの虎竜と木更津だけだったりします。ぼく魔やマンハッタンは観ればハマるのかもしれないけどあんまり興味をそそられなかったのよね。木更津と虎竜は醸し出す雰囲気が似てる。スタッフキャストもかぶっているし。ゆえに木更津好きだった人はこの虎竜も好きな人が多いと思う。

が、しかし。

あれだ~、#5はちょっとやりすぎだぁ~。癌で余命わずかだとか、劇中劇での孔子と弟子のシーンとか、ハッちゃけすぎる竜とか、木更津のかほりが漂いすぎ。極めつけは最後に遺影で大どーんでんがえし。ちょっとほろりな人情話で好きなお話だっただけに、過剰な木更津テイストがうざっ!だったら木更津パート2やりゃいいじゃん?いや、やられても嫌だけど。古田新太コミュ住人としては満足な回ですね。良かった。

ほんで昨日は#6明烏。

先週の重たくもほろりとちょっといい話からがらっと変わってはっちゃけの回。いきなりランパブってありかよ!しかもランジェリー囲めぇぇ!って!!悪巧みドラゴン兄弟にw そんな回でも虎児が銀銀にいいこと言ったりしてあいかわらづの絶妙な匙加減。

ここでまた木更津を持ち出すわたしもウザーですねとちょっと前置きしつつ…

木更津もオジーの死という重たいエピソードの前後はMr.木更津やっさいもっさいの回と氣志団登場バンドやろうぜの回でサンドイッチされてたけど、今回の#5も昭和の虎竜オサーンの意地の張り合い&エロエロ探検隊の馬鹿話ではさまれてましたね。そして物語の終盤に突入していく。

一回の話の中でもふり幅は激しいけど、全体的な流れでみても落差が激しい。これって実は巧妙なバランス感覚の表れなんだろうね。

| TV | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暖。

050520.jpg

先週までとはがらり一変、暖かくなった今週。

気候がいいと気分がいいねぇ。このぐらいが普通なのだろうけど。写真は通りがかりのプチ広場(公園?)で満開のつつじをパチリ。奥に火炎土器とラーメン屋が写りこんでるな。長岡ーズの皆さんさてどこでしょう?

以前の日記で災害100日周期説のことをネタにした。問題の5月12日前後は特に何も起こらなかったなぁ…とホッとしてたけど、この異常低温週間がビンゴだったのか!!そうなのか??

| もぶろぐ | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブクログに『本棚』をつくってみた。

ブクログ[http://booklog.jp/]が面白い。

アマゾンと連携しているようなので、本のみならずアマゾンで取り扱うCD,DVDなども表示できる。

ただ蔵書を一覧にするだけでなく、動的なのもナイス。

「その人の本棚を見ればどんな人間かわかる」なんて言われるくらいだから、WEB上に自分の本棚をおおやけにするのもちょっぴり気恥ずかしい感じもするけどね。

自分の実際の本棚にあるものを思い出しながら設定していくにつれ、まんがばかりで小説やらの活字本の少ないことに気づく。

050512_01.jpg

050512_02.jpg

昨年の地震で、写真のようなしっちゃかめっちゃか状態になったとき、かなりブックオフに持ち込んで処分したのだけど、それにしても。。。

そんなマイ本棚はこちら↓

のび棚[http://booklog.jp/tana.php?ac=nobibi]

| つれづれ | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春開催~阿修羅城~弥次喜多

7日・土曜日、マイミクかこさんとお出かけ。

約1年ぶりの新潟競馬場。初競馬のかこさんをご案内しつつ、馬券もちょこちょこ購入。が、当地のレースは当たらず…orz

京都新聞杯のみ3連複的中。まー、1番人気ですが。

直千レースは外ラチ沿いを駆け抜けるから、やっぱり迫力あるなあ。


マイカルにて、まずは『阿修羅場の瞳』を観る。

新感線ファンなれど、舞台版は観ていない私。

さらっと見ていたweb上での評判は、「微妙」やら「CGショボイ」やら散々。覚悟を決めて恐る恐る観たのだけど、さかしまの城と巨大化阿修羅王(=宮沢りえ)以外はまあ許容範囲。でも、セリフの端々や話の展開にやっぱり新感線節がにじみ出ていて舞台版が観たくなる罠。DVD買おう…。


続いて『真夜中の弥次さん喜多さん』。実は以前すでに1回観てました。

原作は未読で予備知識はザクッとしたあらすじのみ。虎×竜第一話はマニアすぎずわかりやすくかつ巧妙。旨すぎて鼻につくくらい!宮藤さん、すげーやなんて関心しきりでいた翌日に観たら…もう訳ワカラン!!くど監、好きーにやってるなあ。笑えるところと怖いところとしっちゃかめっちゃか。翻弄されまくりで、観終わったあとは置いてきぼり感たっぷり。さらに悪いモノにあたったみたいなやーな気分。しばらくマジで欝凹み。。。ところが、どうにも気になってもやもや。原作の合本を読み、もう一度観てみたくなったという。

さて、2度目。アラ不思議!笑って、冷や汗かいて、ほろりとしたのは同じなのに、こないだとは打って変わってすんなり観れた。話の展開を知っているから、翻弄されずに、ただ感情のみでで観れたのか?この映画自体が強い「ヤク」のようなものなのかも知れん。

| つれづれ | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カミナリ落ちた?!

バリバリバリバリバリッ!!!

今朝、物凄い雷の音で目が覚めた。

あいやー、たまげた! 何事かと思ったよ!!

(一瞬テポドンかと…)

ありゃ間違いなく、どこか近所の避雷針に落ちたね。

まあ、もうあと30分間二度寝した訳だけども。


寒気が流れ込んでいるのか、大気が不安定なのか。

明日朝の予想最低気温4℃って…おい!

http://www.nifty.com/weather/kakuchi/15.htm#kyoasu

5月だよ? 勘弁してくださいよー。

| つれづれ | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイガー&ドラゴン #04権助提灯

今日のは良かった!

第一話があまりにも良くできていて、逆に旨さが鼻につくくらいな仕上がり。凄いなー、このテンションで全話いったら神!と思っていたので、第二話、第三話は面白いのだけど、なんとなく物足りなさを感じてた。

で、今回第四話。見終わった感覚は、第一話・芝浜の時と同じような感じ。直球ストレートでわかりやすい!

ついでに球種で例えると、二話は暴投気味(どん太炸裂)三話は変化球(江戸風流と当世“ヤバイ”の風刺)なんかな?独断だけど。

ピッチングも、ストレート・ストレートでいったらいつか慣れて打たれてしまうし、連続ドラマも毎回似たようなパターンだと飽きてしまう。ま、どちらも組み立てが大事ってことで!

今日のツボ

・昭和のタイガー&ドラゴンw70年代青春ドラマ
・若き日の組長…銀銀じゃないのかよ!でもって、長瀬が似てるのがまた…
・中年3人可愛すぎ!
・そしてヨシヨシは飛道具すぎるって。

来週は古田出るのか…こりゃまた濃そうだ。

| TV | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いまさら、古代史ドラマSP大化改新

昨日BSで古代史ドラマSP『大化改新』前編の再放送を観た。正月の放送時は録画したもののまだ未見。後編は今日夕方の放送だそうだけど仕事だし…ってんで、続けて録画しておいた後編も観る。

んー、前編の後半(ややこしい)は怒涛の展開で期待したのに、後編はなんかいまいち。古代史ドラマというより人間ドラマなのはいいのだけど、肝心の人間のどろどろしたものが感じられず薄味気味。鎌足が“親友”入鹿を討つに至る動機・経緯が弱いのだもん。役者は熱演なのだけど、逆に視聴者置いてけぼり感。

で蛇足な気づいた点、

1)岡田准一主演新春SPドラマは3本とも親との確執をかかえた役だったのね。『冬の運動会』はもろそれがテーマだし。

2)渡部篤郎は滅び行く3番手キャラがことのほかハマり役。

朗らかな主人公と親友或いは兄弟でヒロインをめぐって争い、で、身を引くキャラ。北条時宗もそうだったしな。

てか、岡田も本来はそういう役の方がハマる気もする…。

あ、タイガー&ドラゴンやっぱりまた野球延長。

| TV | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風一過

妹夫婦&甥っ子、約一週間の滞在ののち今朝帰路へ。

あわただしく、あっという間の7日間。さながら嵐!

天気もいいので今日は布団干しだな。

今回の滞在。

甥っ子「大和」も風邪引き、大人たちも風邪気味で、遠出もできず、残念無念。日本海は次回だ!

| つれづれ | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年06月