FC2ブログ

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

≫ EDIT

フラワーカンパニーズ@071103 SHIBUYA-AX

行ってきました、秋のフラカン祭り。

広く天井の高いステージ上には中央付近にいつもの機材がぎゅっとよってて、背景は白い幕のみという状態。いたってシンプル。だがそれがいい、らしい。黒幕ではなく白幕? と少々不思議だったけど、照明は映えるしライト本体の影っぽいものが映りこんだりしていい感じ。

ワンマンだと曲数多いし覚えられないかなと思ったら、ライブ後メモってみると案外いけたのでセトリ(けど本編後半あたり自信ナス)。

----------
イッツオンリーロッキュンロール
パンクはうまく踊れない
脳内百景
TRASH

空想無宿
はぐれ者讃歌
青い春(パンクバージョン)
モンキー

春の手前
蜃気楼(掛け声バージョン)
真赤な太陽
発熱の男

この胸の中だけ
大人の子守唄

馬鹿の最高
どしゃぶり地獄
捨鉢野郎のお通りだ
アイム・オールライト

en1
深夜高速
ヌードコアロックンロール
YES, FUTURE

en2
真冬の盆踊り
ホップステップヤング
----------

久々「TRASH」「モンキー」きたー! ミクスチャー風「TRASH」ではマエさんのシルエットがフリーのようだったw 怪物ベーシストつながり。

わたし、この曲のとき誰それがこんなことしてたっていうことはあんまり覚えていないんだよな、とずーっと思っていたのだけど、半眼で頭振ってタコおどりしているからだ! ってことに今回はたと気づいた。この日はあんまり寝てないうえにライブ前がっつり散歩してきたものだから、特に半眼率高かったやも。いやでも、このなんとも言えないトリップ感が心地よいのよねん。眼は半眼でも脳はがっつり覚醒してる感。



そんな中でも印象に残っていることなど…

「蜃気楼」レアトラッシュ収録掛け声バージョン。CDで聴いたときはコーラスしつこい! と思ったけどライブだと楽し。

「真っ赤な太陽」~「発熱の男」のながれ!!!

初めて聴いた「大人の子守唄」。延々と続く対句の歌詞。縦書きで、文字で読みたくなった。

今年もやるよ! 大晦日カウントダウンライブ!! MCの途中。「いろいろお楽しみも用意するでよ」とのリーダーの言葉を受け「酒飲んでもいいんだよね?」と竹安。「竹安泥酔解散未遂事件」がふと頭によぎった人多数だと思うw

つうかこの日の鈴木さんMC全体的に飛ばしすぎ。すぐには理解できずにきょとんとすること多々ありw

中ほどの柵の切れ目付近にいたのだけど、「YES, FUTURE」が始まったときのわれもわれも! と前方へ押し寄せるお客さんにたまげた!!! 最初は「うわ~、すっげ~www」と面白がっていたのだけど、あんまりにあんまりでちょっと怖くなった。

2度目のアンコールは「祝・日本一」で中日ユニフォームに着替えての登場。圭介:2番荒木、竹安:44番ウッズ、小西:1番福留、みんな青いビジター仕様なのに、なぜに前さんだけ白のホーム用? と思いきや、35歳の誕生日にファンからもらったという特製「GREAT 35」ユニw すげーな。

「真冬の盆踊り」の「よっさほほ~いほ~い♪」でなぜか右手を五木ひろし風に動かす圭介www ちりとての「いかにも五木ひろしです」を思い出し悶死するわたくし。

ラストはこれまた久しぶりの「ホプステ」。
最後の最後、客電もなんもかんも全部の照明がフル点灯したこうこうとした明かりの中で聴く、この状態がたまらなく好きだ。まさに、お祭り騒ぎは終わりが来るから最高なんだよなあああああああ!!! 気分。



ふんでもって、2週間前ここでおそらくこんな感じで「パヤパヤ」が!!! とふと思った…。

| 音楽 | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月