2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

ううう


今年はギアの件があったというのに、ナイトまで…。
サンアディユ・アストンマーチャンとは違う事例だけど、最近多いやね、こういう報せが。
天皇賞でも好走が期待され、好きな馬だっただけに残念…。

| 競馬 | Permalink | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

5右衛門69

新感線FC先行チケットが先日届きまして。
IZOでは2口申し込んで両方外れたので、今回は3口申し込み、結果2口当選。

なぜかまとめて届かず、2日に渡って届く。
最初に届いた分は、ここもS席なのか…orz な席。
翌日届いた分は3列目。
ちょ、前杉! と、ただでさえびっくりだったのに、どうやら1~2列目は潰してステージになるようで。
てことは、最前列ですか!?
ライブですら最前でなんて見たことないよ!!
なんか唾やら汗やら血糊やらいろんなものが降ってきそうだな!

片方は譲渡に出そうかとも思っていたけど、これは後ろから前から堪能せよ!ってことかもな~。幸い連続した二日だし。

どうするか今しばらく考えよう…。

| 演劇 | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フローラSとアンタレスS

印だけ
フローラS(JpnII)
◎シングライクバード
○レッドアゲート
▲ギュイエンヌ
△カレイジャスミン
☆フィックルベリー
キルトクールはユキチャン
ミモザ賞勝ちとは言え、話題性人気でしょ?


アンタレスS(GIII)
◎メイショウトウコン
○ロングプライド
▲フィフティワナー
△ゲイルバニヤン
△ナナヨーヒマワリ
☆サンライズバッカス
キルトクールはドラゴンファイヤー
常に着順が人気を下回る人気過剰気味の馬。

| 競馬 | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島牝馬S

人気割れすぎ!
わけわからん!!

馬場は相当荒れてきてるはず。
小回り福島と言えども、前有利というより外から飛んでくる馬が勝つとみた。
てなわけで差し馬中心に印を、といきたいところだがパワー型ザレマと福島好走暦ありのメルベイユは斬れないヘタレ…。

福島牝馬S(GIII)
◎アルコセニョーラ
○ヤマニンメルベイユ
▲ダンスオールナイト
△ザレマ
☆マイネカンナ
キルトクールはヴィクトリアアイ
なんとなく。



tag: GIII

| 競馬 | Permalink | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

菜の花や

080421菜の花畑
本日夕方。
この数時間のちには、「月は東に日は西に」となったのね~。

| つれづれ | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

皐月賞(JpnI)

ふつーーーうに考えればマイネルチャールズでおk
と思うのだけど、なーんか不安なのはなぜ?
マイネルで早熟ぽく感じるのか、弥生賞1着馬は皐月で勝てないジンクスか…。

ほんなら。
距離不安、気性不安はあっても、妙な大物感はあるショウナンアルバで。
スマイルジャックは何どんなレースになっても2~3着にはいそう。

皐月賞(JpnI)
◎ショウナンアルバ
○マイネルチャールズ
▲スマイルジャック
△フローテーション
☆フサイチアソート
キルトクールはブラックシェル
人気ほどの信用はできない気が。
tag: GI

| 競馬 | Permalink | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

中山GJ(JGI)、マイラーズC(GII)

カラジの離脱は非常に残念なれど、なかなか面白いメンバー揃いの中山GJ。

実績ならラスカル、エイタイム。
新興勢力ニーザン、エース。
海外からやってきたアラームコール、グライディング。
そしてディープからみの「オートゼウス事件」のオートゼウスもいるよ!

中山グランドジャンプ(JGI)
◎マルカラスカル
○エイシンニーザン
▲メルシーエイタイム
△アラームコール
☆テイエムエース
キルトクールはバローネフォンテン
全盛期の勢いは…

馬場の状態はどうなんでしょう?
なにはともあれ全馬無事完走を。


----------


阪神ではマイラーズC。
人気はまるでないけど、マルカフェニックスがぁゃιぃ。
連勝後、阪急杯降着でケチがつき、続く高松宮記念も微妙な着順。が、もともと父ダンスで千二てのも不思議。距離延長で変わり身あるのでは?

マイラーズC(GII)
◎マルカフェニックス
○コンゴウリキシオー
▲カンパニー
△エイシンドーバー
☆ショウワモダン
キルトクールはドリームジャーニー
休み明けやら馬場状態やら不安要素多くて。

| 競馬 | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ずずず

頭脳警察ですか!?
こりゃまたびっくりだ!

ROCK IN JAPAN第1弾発表。
ナタリーのメールニュース見てたまげて飛んできました。
ロキノンフェスの客層と全く結びつかないぜ。

| もぶろぐ | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おおお!!??

グレートマエカワ映画出演! って!!

いや驚いた!
画像破壊力ありすぎ。AAができそうだ。

見たいね~。見る機会あるかな~。でーぶいでーとかになるのかな~。

| 映画 | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジ第4弾

ほいでもって第4弾発表ですよ。

きよしろきたー!
おお、友部さん!
OZOMATLI!!!

正直目新しさはないけど、まあまあ揃ってきたな。

あれ? ハイヴスまだー?
出るんじゃなかろうかという根拠はギターマガジンの兄貴インタビューだけなんだけど。
HIVESとFOALSが決まれば万々歳なんだがなー。

| 音楽 | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一旦耳にしたらしばらく頭の中で鳴りっぱなし

スペシャで見て気になったバンド、Foals。





いやこれ中毒性があるわ!

どうやら5月に来日するそうですね。
行きたーーーい!
と思ったけど平日かあ…無理だな。
フジに出るっていうウワサもあるようだが果たして!?
呼び屋はsmashだし期待しちゃうよ!!



tag: Foals

| 音楽 | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木目

そんなこんなで、3日間ネットに繋がなかっただけで浦島状態。

フラカンオフィシャルがリニューアルしてた!

数日前からadmin画面になっちゃって繋がらないと思ったら!!

木目! 木目!
RSSとか実装しちゃったりなんかして、
スケジュールはカレンダー表示と一覧表示の切り替え可、検索も可、
一部携帯にも対応、
と、今風になってもアナログ感あふれるデザインなのがらしい。

メニュー部が項目ごとに違うフォント…
自分だったらそろえることばっかり考えちゃうからまずやらないと思う。
(WEBと紙媒体ではまた違うんだろうけど)
が、認識しやすいし、遊びつうか変化・リズムも出るし、なるほろな~。

カレンダーはできれば月曜始まりのほうが見やすい…
てのは、単にわたくしが競馬ヲタだからだなw
あ、ほぼ日手帳もそうか。

| つれづれ | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もはや毎年恒例

前日まで風邪っぽかったのだけど、気合一発、土曜日はすじまきの手伝いでおばあちゃんちへ。
ビニールハウスの中で立ったりしゃがんだり、さながら無限スクワット状態。
うぐぐ、カラダがグロッキー。特に大腿部と臀部の筋肉痛がひどい…。

↓去年の今頃の日記

うーむ、毎年似たようなことをw

日曜は競馬予想もせずうだうだしていたのだけど、せっかくのGIだし直前にうp。
なんだあれ!? 大荒れ。あんげなの買えるかー!!
ソーマジックの複勝買ってたので、収支ほぼとんとんでも上出来だ…。

| つれづれ | Permalink | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

桜花賞 (JpnI)

◎ソーマジック
○リトルアマポーラ
▲トールポピー
△ブラックエンブレム
☆エアパスカル
キルトクールはオディール
カリカリしてる
tag: GI

| 競馬 | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くしゃみが止まらない

遅れてきた花粉症なのか、風邪なのか……。
くしゃみって全身運動だよね。疲れたorz
夕飯時、食べ物に向かってできない!
と、体をひねったら、脇腹にびきーーーん! ときた、びきーーーん、と!!!

そんな中、母の放った迷言。
「わたし今年風邪引かなかったな~。馬鹿になったのか??
……って、お、お~い!!!

頭の中で『バカになったの~に~♪』とTHEピーズの曲が流れましたとさ。

| つれづれ | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やきうで1時間15分遅れ

今、BSで極妻やってる。古田出てんだ…ほ、細い!!!
1999年か。
すでに白ムチとか言われていた髑髏城97の2年後か。
せめてこんぐらいだったらな~~~あ。

うお、野村宏信あっさりしんだ!
諸星も出てる!
あれ? なんかこれ昔ぼんやり見たことあるような気がするわ。

| 映画 | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲキ×シネ 全国ツアー

全国の上映予定館がでましたね。

ツアー2008:<速報>全国の上映予定館
更新日:08.04.03

「ゲキ×シネ ツアー2008」では、現在、下記の映画館での上映を予定しています。

■2008年・秋上映(予定)
札幌 : 札幌シネマフロンティア
新潟 : T・ジョイ新潟万代
長岡 : T・ジョイ長岡
舞浜 : シネマ イクスピアリ
名古屋 : ミッドランドスクエアシネマ
なんば : なんばパークスシネマ
広島 : 広島バルト11
東広島 : T・ジョイ東広島
北九州 : T・ジョイリバーウォーク北九州
久留米 : T・ジョイ久留米
大分 : T・ジョイパークプレイス大分
熊本 : シネプレックス熊本
鹿児島 : 鹿児島ミッテ10

詳細は決まり次第順次お知らせしてまいります。どうぞお楽しみに!


おお、新潟はともかく、スルーされると思っていた長岡もある!
というより、T・JOY系の映画館全部予定されてるのか?

おそらく上映期間は短いのだろうけど、
買いそびれている朧~以外はDVD持ってるのだけど、
自分、見に行くんだろうなw

| 演劇 | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

痛快ブック#41

20080404013518
届いてた。

おお、new封筒!
開封したら微妙に稲中ぽい表紙で吹いたw 和むw

ライブスケジュール、こうして一覧になるとなんだかんだでたくさん決定してるな。
行けそうなのは…やはりリキッドか。高崎も気になる。
海の日は山形でフェスなのか。凄く素敵メンツだなあ。いっそその週の週末は苗場へ来ぬか?



あ、帰宅後ハラヘリーノで、夕飯の支度する前にジャムパンかじりながら見てたら、ジャムがぽとり…うわー!!

すぐに拭いたが油膜コーティングになった…。
やばいな、落ちそうだな…とは思ったが本当に落とすとはな。我ながら鈍くさい。お行儀悪いことしちゃいけませんね。

| 音楽 | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちりとて余波

結末が物議を醸しまくっているちりとてちん。
その発端の第150話からかれこれ1週間か…。

前のエントリはまだもやもや~んとしたままとりあえず書いてみたという感じだったのだけど、何日か過ぎいろいろと見えてきたこと、書き足りなかったこととかも出てきたのであらためて。



あの結末が不満な人には、
1) 落語を辞めてしまうということに対して納得がいかない。
2) そういう選択もありだろう。が、あの辞め方はいただけない。
の2パターンがあり、自分は(2)だった。
しかし、その所業に疑問を感じるうちに(1)の思いも強くなってきた。

人の世話ばかり焼いて自分のことは後回し、そんなお母ちゃんの脇役的生き方を全否定して飛び出した主人公が紆余曲折の末その素晴らしさを実感。そしてそんな風に生きたいと思う…物語の主軸は母と子の物語ということなのだろう。となると、「なりたいものが見つかった」「お母ちゃんみたいになりたい」という結論にたどり着くまでの間を極論すれば『モラトリアム状態』ということになってしまう。

ところが、その『猶予期間』において一度は落語家を志し修行の日々を送っており。不器用ですぐ物事を悪いほうに考えてしまう喜代美をなだめすかしてなんとか一人前にしようと周囲の人々は尽力してきた。実際ちょっと甘すぎるんでないかい? ってくらいに。入門から10年と少し。ゆっくりと、でも着実にカタチになりつつあったところでの「辞めます」宣言。そりゃ、なんじゃそりゃ!? ってなる罠。



思えばこのドラマ、以前から冷静に考えれば「はて?」と首を傾げたくなるところも多々あったのだけど、それをも凌駕するパワーで最後には力技で納得させられてしまう感じはあった。その強引さが心地よくもあった。それが今回は裏目に出たというか不発だったというか。

以前木曽山くんに「落語は一人でやるものではない、みんなに支えられてやるもの」と力説しながら、当の本人はみんなのことなど考え及びもせず、誰にも相談なしで唐突に高座で引退宣言。お客さん、関係者大混乱。挙句、「ほやかて…見つけてしまったんですもん。自分のなりたいもん」と妙にすっきり顔。

んんんー、これじゃあまりに配慮がなさ過ぎる。
潔い決断というより独善的という印象になってしまった。
過去の放言をお母ちゃんに謝る前に、今やらかしたことについて釈明せんか!
しかもそのやりたいこととは、自分が表舞台に立つことではなくサポートする側に回りたいと。今までさんざんサポートしてきた人に対してなんのフォローもなくそんな調子のいい話があるかいな。

言うたら大どんでん返しだもんなあ。相当な力量や細心の注意が必要だ。しかもその上には10月から半年間、150話に渡り積み重ねたものがある。跳び箱や達磨落としも同じ、力任せに「エイヤッ!」で乗り切ってきても段が増えれば難易度は上がる。より正確に確実にポイントをクリアしないと良い結果は出ない。ドラマも大技で方向転換を狙ったものの、勢い任せで雑にやってしまい、積み上げてきたものがドンガラガッシャーン! と崩れてしまった感。ああ、つくづくもったいない…。



「お母ちゃんみたいになりたくない」→「お母ちゃんみたいになりたい」と印象的な台詞が対になっていることからも、この結末はテコ入れとか路線変更とかいったものではなく当初のプロット通りなんだろう。「お母ちゃんみたいになりたい」と言う台詞を言わせたかったんだろうな。だったら、だからこそ、その台詞に至るまでをもっと丁寧に描写して欲しかったと思う。

陰日向となり皆を支えるお母ちゃんの生き方は素晴らしい。けど、その生き方を肯定することと、自分もその道を進むということはまた別の話。なりたいからってなれるものでもなし。実際今喜代美は『徒然亭若狭』として男社会の伝統の世界で数少ない女流としてやっている。そんな自分があるのは個人で努力することももちろんだが、お母ちゃんのように支えてくれる人々あってこそ。となれば、そんな人々に感謝しつつ自分の責務をまっとうするってほうが自然な流れに見える。なにも母と同じことをしなくてもね。

それでももしお母ちゃんのようになりたいと思うならば、それ相応の辞め方っていうものがあるやなあ。やっぱりあれはないわ。例えば…高座でいきなり発表ではなく、まずは引退を考えていると一門に相談(ここで今までの感謝と辞めるということの謝罪)→「何言ってんねん!」草々激怒→説得のために小浜から糸子やってくる→「お母ちゃんみたいになりたい」…てのは? インパクトは弱いかもしれないけどよっぽど筋は通っている。改めて『徒然亭若狭サヨナラ公演』開催ならお客さんもご贔屓さんも関係者も、惜しみながらもそれなりの覚悟で見送れるだろうし。



今更言うても詮無いこと。けど、言わずにはおれん。その渦中では終わりが名残惜しかったというのに、いざ終わったら『まつりのあと』の寂しさや虚脱感というより、やっちまったな…という『あとのまつり』感に苛まれるという…皮肉だ。この感覚、前にもあったな…と思ったら、朝ドラ「ファイト」だ。あれもラストでずっこけたんだよな…。朝ドラの伝統か?

でも、第25週までは本当に楽しんだ。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い状態にはなりたくないんでね。
今は熱くなってるけど、時がたてば冷静に見られるでしょう(期待)。

| TV | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちりとて瞳

先週にて終了、「ちりとてちん」。
半年の間とっても楽しんだ。堪能した。

んだけんども。

ラス前の金曜日はどーーーーもしっくりこなんだ。



長らく喜代美のトラウマとなっていた舞台の上でスポットライトを浴びる主役とそれに光を当てる照明係という対比。単純な二者択一ではなく、太陽のようなお母ちゃんみたいに自ら光り輝きながら周りの人々を照らし出すというハイブリット型という道…「お母ちゃんみたいになりたない!」から「お母ちゃんみたいになりたい!」への転換は劇的だしまったく文句はないんだが。

それと落語辞めるのは別の話しじゃね?
廃業なのか、しばらく休業~子供の手がかからなくなるころに復帰ってのか
そのへんはぼかしてあるような気もするし、それはまあどっちでもいいや。

誰にも相談なしに一人で勝手に決めて高座でいきなり発表て!!!

ずいぶん勝手だなー。一門面目丸つぶれじゃなかろうか。
理屈ではなく感覚的に解せない。ぶっちゃけ生理的に受け付けなかった。
ドラマ的インパクトを狙って「キャンディーズ」がやりたかったんだろうけど、
せめて兄弟子たち一門内々には了承済みでも問題ないように思う。

まードラマだし、と大概のことは許容範囲なんだけど、これほど微妙な感じは
初高座で大失敗→「お母ちゃんのせいや!」と子供みたいに八つ当たり、
以来2度目。それが最後の最後にくるとはorz
いや、その頃はまだ19の小娘だったし、とばっちりは身内だったけど、
もうキャリア10年超の、しかも人の親になろうという人のやることにしちゃあ、ねえ。



あ、翌日土曜日の「ドラマは今日で終わりだけど、この人らの人生はまだまだ続くよ(・∀・)!」
という終わり方はOKOK!
それだけに、んーーーーすっきり終われない…のが、惜しいような悔しいような。


-----


そして、今日から始まった「瞳」でございます。

ヒップホップダンスと里親制度というテーマに全くもって興味がそそられず、どうしたもんかと思っていたが、キャスティングは絶妙だ。それだけで楽しみになってきた(単純)。

その最たるのがヤスケン。
あ・かるい役だなー安田さん。33歳にあんなこと言われた20歳、ドン引きだろw
事前情報なんにも知らないのだけど、これもしかしてヒロインの相手役なのか? うわ~。


-----


え? ちりとてちんスピンオフ決定!? まぢですか…。
あああ、なんだろう? ぜんぜん盛り上がらない自分に戸惑っている…。

草々除く徒然三兄弟の話…腐女子ホイホイか!
とは思ったけど、自分だって腐の資質は無きにしも非ずだしな。

鉄は熱いうちに打て!なんだろうが、いくらなんでも発表早すぎ。
そんなん作るんだったら本編もっとすっきり気分よく終わらせて欲しかったと思ってしまう。
うーーーん、こんなにうじうじしている自分が冬の水溜りのようだ…。

| TV | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月