FC2ブログ
  • 2021.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2021.09

OLD | PAGE-SELECT | NEW

≫ EDIT

1週間+1日

バンドブームど真ん中世代のわたし。
過剰な熱気の中、ポコ○ンロックとか言って自ら踊りつつ、淡々と飄々と軽やかなスタンスで、ロックもパンクもスカもレゲエもあらゆるジャンルの音楽を飲み込んで消化した音を鳴らすレピッシュにがっつりハマった。

音楽のみならずモノの見方や考え方から、もう、影響うけまくり。
以来、そのときどきで熱意に波はありながらもやっぱり大きな存在で。
ツアーで地元にきた時はほぼかかさず、時に東京へも出掛け。
バンド自体も紆余曲折あったけど、現?恭一ソロも県内公演があれば見に行ってた。

とりわけ上田現という人は、幅広い知識と複雑怪奇な思考を持ち、独特な世界観の曲を書きつつ、それが表に出るときはなぜか奇行に走ってしまう愛すべきファニーなおっさんだ。ソロになってからはレピッシュ時代ほど直接破壊的な感じはしなくなっても、やっぱり、ヤヤコシくもかわいげのあるおっさんだった。



あれから1週間と少し。
この数日間、長かったようなあっという間だったような。

WEBで遺影を見た時の衝撃は忘れられない。
もわもわ~んとしたユメウツツな感覚しか持てなかったところに、いやおうなしの現実を突き付けられた感じで。しかもあの破顔一笑な写真…。

うっかりしてると、なんじゃこりゃなんじゃこりゃ? 悲しいのか寂しいのか惜しいのか…なんとう感情なのかわからんのだけど込み上げる。

そんな中、心がけたのは普通に生活しようと。
マンドクセとサボることもあったblogの競馬ネタもきちんとupしようと思った(まあ、たいした予想でもないんだけど。やっぱりスルーはできず絡めて触れたけど)。
意識してそうでもしないとずぶずぶと沈んでしまいそうだったから。



最後に見たライブは「十秒後の世界」発売後の「独り行軍」(※訂正「独奏」でした)ツアーの新潟公演となってしまった。
会場は信濃川べりというロケーション。
MCの信濃川の話が印象に残ってる。

行く川の流れは絶えずして…水は上から下へしか流れない。けど、我々が県境あたりを超えるには山超え谷超え…はて? そして元をたどった源流はどんなものなのだろうか…てな感じだったと思う。印象に残ってるなんていう割にうろ覚えかよ…orz

終演後物販で信濃川の話をした。「長野から流れてきてるんですよね」なんて。翌日源流について調べた。一つ利口になったw



その時買ったTシャツと同封のパンフを改めて読んでみた。
やっぱりこの人の考えていることはとてつもない。

現ちゃん作のレピッシュ「夜想曲~路地裏から宇宙まで~」という曲があるけど(アルバムに収録されていないのでちょっと隠れた存在になっているが、ニューウエーブ?ニューロマンティックな香りのこの曲わたしは大好きだ!)、路地裏から宇宙まで、ミクロとマクロを同じ目線で優しくしっかり見つめそれをまるごと受け入れる器のでっかい人だ。それ以上いってしまうとヤバいギリギリの所、そこまでいく気概と踏み止まるバランス感覚も合わせ持ってる。やっぱり唯一無二の鬼才だ。

宇宙ステーション「ミール」だと思っていたものが実はシリウスだったというとほほ話も今になってみるとしんみり。

これは書こうかどうか迷ったのだけど、最近読んで得心した本の内容と合致するところがあって驚いた。まーそれはぶっちゃけ般若心経の本なんだけど。以前このパンフを読んでいたからあんなにすっと胸落ちしたのかもな。
古代からの不変的世界観を持っていた人だったんだな…。


様々な人がブログや掲示板で、悲しみ惜しみ、そしていじっている。やっぱり現ちゃんは偉大だ。
特にマグミ?恭一の日記や青森放送橋本さんと水戸ちゃんのラジオレポ、近しい人々の言葉は沁みた。グッときた。

「北京の蝶」の羽ばたきは、確実に、様々な思いも寄らないヒト?トコロまで伝わっているんだな。皆そんな関係性の中で生きている。よし、わたしもちゃんと生きる!


やーやっぱ長くなっちゃったなー。
以下おまけ。

【余談】

訃報の翌日。
どよーんと、とぼとぼ歩いての通勤中、なぜか道路にバナナが落ちてた。
バナナ
はああああ!? なんで~???
バナナの皮ってんならまだわかる。ベタだけど。
いや、やっぱそれもおかしい!
なんで…どうして…???
不可解なこともあるものだ…ともんもんとしつつ、
ふと、これはきっと現ちゃんのいたずらに違いない! と思った。

日曜日。
レンタルしていたDVD(そんなこんなな1週間で結局見れなかったけど)とCDを返却に行った。
それぞれ別の店で借りてる。
家からビデオ屋までの道すがら、目の前には黒のオデッセイ(旧型)が。
ビデオ屋からTSUTAYAまでの間、またも前方に黒のオデッセイ(旧型)。ふむ。
TSUTAYAの駐車場を出ると、またまた前には黒のオデッセイ!?
いーやーだー、これなんのシンクロニシティ!!!
…ってよくみたらこれはストリームだった。
でも、パッと見よく似てるのよね。
きっとこれも現ちゃんの(ry
(↑しつこい)
関連記事

| 音楽 | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hyou2.blog42.fc2.com/tb.php/521-e1425413

TRACKBACK

OLD | PAGE-SELECT | NEW